ホーム > 注目 > 各種裁判所へ

各種裁判所へ

任意整理という言葉は一般的には債務の整理とも呼ばれておりそれぞれ債権を有する者に借金の支払いを行うことを選択した債務を整理する方法です。

実際としての流れですが、債務処理経験のある司法書士や弁護士事務所債権者とあなたとの間に立って話し合って法律に照らしながら利息の再適用をもとに借りているお金の元金にかかってくる借入金利をカットした方法で36か月程度の期間で返済をしていく債務の整理の計画です。

 

任意整理には各種裁判所のような機関が口出しすることがないのでそのほかの処理と比較した場合でも選択したときにおける不利な点が最も少なく、過程自体が借金をしている人にほとんど圧力にならないのでメインとして検討したほうがよい手順ということになります。

 

それに、貸し手が街金みたいなとても高額な利子だったら法律で決められている貸出金利に追加して返した金利にあたってはその元金に充てるとみなされ借入元金そのものを減らしてしまうことも可能です。

 

だから、消費者金融のようにとても高額な金利のところに対し長い期間返し続けている例だとある程度のお金をカットすることができる場合もありますし10年近く返済してきた例だと負債自体が消滅してしまうような場合もあります。

 

任意整理のポイントは自己破産手続きとは異なって一定の借金のみを整理することになるので他の保証人が関係している契約を除いて処理していく際や自動車ローンの分以外について処理したい場合などにおいても検討することが可能ですし、築き上げてきた資産を処分してしまうことが求められていないため、貴金属や有価証券自分名義の財産を持っていて、手放してしまいたくない状況であっても有力な選択肢になる借金整理の手続きといえます。

 

いっぽう、手順を踏んだ後返済が必要となる額と収入を比較検討し、適度に完済が見通せるようなら任意での手続きを取ることに問題ありませんが、破産宣告と違って借金そのものがクリアーになるわけではありませんのでお金の総量がかなりある状況では実際に任意による整理の選択をするのは容易ではないということがいえるでしょう。