ホーム > 出来事 > 売買のタイミング

売買のタイミング

パソコンのディスプレイの前に座り、いつも動いている市場を目を向けていると何やら売り買いをしなくてはいけない衝動が生じる人も多いです。

 

でも、不明瞭な感覚で売買するのは、絶対に避けてほしい。

 

分かっていると思いますが、市場は昼夜を問わず常にいずれかで外国為替市場は動いているし、市場も休みなく、動いています。

 

しかし、考え無しに注文を繰り返しているとその分だけ損失を被るリスクが高くなってしまいます。

 

当たり前ですが、取引の数を経験することによって勝ち負けの可能性が五分五分に近づくのは事実です。

 

けれどもこの事実は「漠然としたインスピレーションで取引」とは別の問題です。

 

エントリー回数を重ねるというのは、自分自身が「ここは勝てる」と思えるチャンスを持った状況でのエントリー回数を増やすという事を意味します。

 

理由がなく、絶え間なく注文を繰り返すのとはかなり違う。

 

外国為替相場の戦いに勝つためには、あなたが深く考えてけじめをつけることこそが不可欠です。

 

「ここは!」と思えた市場の時にはいっそポジションを積み増して徹底的に儲けを狙います。

 

「だいぶ分からない外国為替相場でどう推移するのか理解できないな」と思った時は執着しないでポジションを全部閉じて何もせず静観します。

 

このくらいのメリハリをつける方が最終的にはエントリーはうまくいきます。

 

相場の名言には「休むも相場」という言葉があります。

 

実にその通りです。

 

外国為替相場とは売買ポジションを所有する事が大事ではなく、売買ポジションを持たないで待っている事も場合によっては外国為替相場です。

 

では、どういう場面で、休む必要があるのでしょうか。

 

最初に考えられるのが、先述した通り、今の外国為替市場が明確に難しいときです。

 

上がるのか下がるのか見通せない時は何も考えず行動すると、自分自身の思った筋書きとは異なった方向に為替相場が推移してしまい損失を被る事になります。

 

だから、そんな状況ではポジションを諦めそのまま静観を決め込むのがいいと思います。

 

第2に、あなた自身の体の調子がすぐれない時です。

 

体調と為替相場に関係しないと感じる方もいるでしょうが現実には関係あります。

 

健康状態がよくなければ外国為替相場の大切な局面で、冷静な決断を下すことができなくなります。

 

気分が進まない時は外国為替相場から目をそらす事も必要な事です。